動物看護師 専門学校

MENU

動物看護師の資格を取得する3つの方法のメリット・デメリット

動物看護師に関する資格を取得するための方法は一般的には3つあります。
どんな方法にもメリット・デメリットはあるため、どんな資格を取得する際にも一番自分にあった方法を選ぶことが大切です。
今回は、動物看護師に関する資格を取得するための方法のそれぞれのメリット・デメリットについてご紹介します。

 

専門学校

まずは専門学校です。
専門学校は高校生が一番頭に浮かべやすい方法だと思います。高校卒業後、動物看護師に関する資格を取得できる専門学校に入学する人は多いと思います。
メリット

 

専門学校に通うことのメリットは、やはり十分な学習ができるという点だと思います。
様々な専門学校がありますが、その多くが2年制をとっています。2年の間に朝から夕方まで専門の先生のもと動物看護に関する勉強をすることができます。ただし、これはどんなことにも言えますが結局は本人の努力次第で、有意義な2年間になるか無駄な2年間になるか変わってくるでしょう。

 

デメリット

 

専門学校のデメリットは、やはり一番は学費ではないでしょうか。学校によっても変わってきますが、2年間で200万円ほど学費がかかってしまう学校などが多いです

 

スクールの通学講座

スクールの通学講座はなじみが薄いかもしれません。実際にブラッシュ学びで調べてみても、スクールの通学講座は全国に存在しているわけではありません。

 

メリット

 

スクールの通学講座のメリットは、専門学校と比べると比較的費用を抑えて勉強ができるという点だと思います。先ほども述べたように専門学校は2年間で200万円ほどかかる学校もあります。

 

しかし、スクールの通学講座の場合2年間で140万円ほどで済む講座もあります。

 

デメリット

 

デメリットは、専門学校にも言えることですが時間的な拘束があるということでしょう。専門学校と比べると通学講座は週に2,3回の通学などある程度融通が利く場合がありますが、それでも社会人は通学は難しい印象を受けることもあるでしょう。

 

通信講座

通信講座は送付されたテキストやDVDを見ながら学習する方法です。

 

メリット

 

通信講座のメリットは、全国どこでも講座を受けることができ、費用も安く済むという点です。

 

通信講座は自宅で勉強ができるので、専門学校や通学講座とは違って学校が近くになくても受講することができます。また費用もバラつきはありますが、高くても10万円ほどで済んでしまう場合がほとんどです。

 

デメリット

 

通信講座のデメリットは、一人で学習をすすめないといけないという点でしょう。

 

専門学校やスクールの通学講座の場合は、分からないことがあればその場で先生や講師に質問したりすることもできますが、通信講座ではそれができません。もちろん通信講座でも質問などを受け付けてはいますが、実際に通っている人に比べると回答が帰ってくるまでの時間は遅くなってしまうでしょう。

 

このようにそれぞれの資格取得方法にそれぞれメリット・デメリットが存在します。

 

ブラッシュ学びではスクールの通学講座や通信講座について調べることができます。これも上手に活用して、自分にあった資格取得の方法を選びましょう。

 

まずは無料の資料請求で情報収集

動物看護師 資料請求

 

 

>>動物看護師 資格 TOP